1. HOME
  2. ブログ
  3. ジパング航海記ニャン♪「船員紹介 第5号 ⚓戎本みろ⚓」

ジパング航海記ニャン♪「船員紹介 第5号 ⚓戎本みろ⚓」

こんにち~~にゃんっ♪



お待たせいたしました!

船員紹介第5号はっ!!


支倉常長役 戎本みろ(えびすもと みろ)さんですにゃ~~~🐈




みろさん、よろしくお願いしますにゃっ✨








😺:簡単な自己紹介をお願いしますにゃ!

👦:わらび座に入って31年。
長崎県出身、戎本(えびすもと)みろです!

高校時代に出会った民族芸能、鬼剣舞がきっかけでわらび座に入りました。



ミニステージ『春の芽吹き』で
鬼剣舞を披露






😺:みろさんから見た支倉常長とは、どんな人ですかにゃ?

👦:誠実の人 忠義の人



とある撮影の合間のオフショット




😺: 作品の見どころ、俺のこれを見て!!という部分があれば教えてください!

👦: 伊達政宗の台詞にでてくる「夢」という言葉が、ご年配の方々の共感を呼んでいます。
しかしこの時代は、夢を持ちにくい…いや、そもそも夢なんて言葉を口にしただろうか…?
リウタの台詞みたいですが、常長にとっても同じだったのでは。
殿様のために全てをかけるのみ、個人の夢など持ちようがない。

でも、政宗の口から「夢」という言葉を聞き、巨大な船が完成してゆく様を見て、そしてリウタとミゲルの友情を目の当たりに見て、常長自身も変わったのではないか!?と思うのです。

当時であれば初老といっていい男が、無名の若者によって「夢」を大きくふくらませる。
観てくださる方々が自分の夢と出会える!
それがこの作品の大きな魅力だと思います。


あ、あともう一役あります。
メキシコ帰りの猫、デラムーチョ🐱

硬派な常長から軟派なデラムーチョへの変わり身の早さもたのしんでいただきたいです。



🐱メキシコ帰りの猫 デラムーチョ🐱



😺おまけ:猫派ですか?犬派ですか?

👦:非常に決めがたいですが…。
娘が今、角館武家屋敷にいる秋田犬の武家丸くんを大好きでよく一緒に会いにいくので、すみませんネコさん達、犬派かな。





夏のナイトステージ2019






みろさん、ありがとうございました~😊✨


デラムーチョも犬派だなんて、、、




楽しいことが大好きなみろさん!

冬の期間に行ったイブニングステージでは、『ねずみ小僧次郎吉』で大活躍しておりました!






たまにぼそっと言うみろさんのギャグが、コンブは大好きだにゃん…( ´∀` )



全国公演では見られない姿が、あきた芸術村にはあるのです!


またイベントがある際には、ぜひ秋田まで足をお運びくださいませ✨





※掲載写真の無断使用はお断りします

アーカイブ