1. HOME
  2. ブログ
  3. 芸術村の庭だより「”歩いた所が道になる”花と種!」

芸術村の庭だより「”歩いた所が道になる”花と種!」

____________________________________________________________________________________________________

 角館武家屋敷!二宮金次郎。立秋を過ぎ、御盆。空へ行った大切な人を想う。暑い日差しは、秋の光に。朝に夕に鳴く虫は秋の虫。巡る巡る季節。地球と共に。”俺百姓やっていて、皆知ってた事だ”金次郎の涙。

 朝6時の庭。槿(むくげ)の八重。プルチェリマス。同じ花も秋の光が特別な物に映し出す。自然の色を愛でて来た人間。模倣し生み出されて来た芸術。優しい心は、ずっと伝承して行く。樹の様に!花の様に!空を飛ぶ鳥の様に。

ナイトステージ!沖縄出身”南ちゃん”。秋田弁は、和崎ハルさんと共に過した”ステちゃん”。東海林太郎のカツ婆ちゃん、しずさん、赤いほっぺの”あきちゃん”。幾つもの”秋田”が彼女に宿る。優しさは強さ、透明な心!音は心。

大道具スタッフが育てた風船蔓(ふうせんかずら)。朝日に揺れる。イヤイライケレ(ありがとう!)。アイヌの心を記した”松浦武四郎”。ブッダの心を記した”多聞”。歩いた所、それが道になる。笑顔の花が咲く、種になる。

ホテル売店!カント、オロワ、ヤクサクノ、アランケペ、シネプカ、イサム。天から役目なしに降ろされた物は1つも無い。自由の男神!奇跡のハナ黒(ジパング)。自分らしくある事。誰も踏み躙(にじ)らない事。優しい日本列島。

投稿者:山田みき

アーカイブ