1. HOME
  2. ブログ
  3. 芸術村の庭だより 「古を知り、今を想う」

芸術村の庭だより 「古を知り、今を想う」

_________________________________________
__________________________________________

角館武家屋敷!作品を何度もリピートする。幼い子ども達に、同じ絵本を何度も読む。あらすじが分っているのに引き込まれる様に見つめる子ども達。”三本の矢”。力を心を合わせる事。そして又、弓矢を折る勇気。

ホテル売店前花壇!今年二回目のドリフトローズ開花。暑い日差しと冷たい風。東屋の庭で鶯(うぐいす)が鳴く。野鳥が集まる庭27年。”ゆぽぽ”と共に。アイヌ語から名前を付けた温泉。名付けは栗城演出夫妻。

遊歩道”秋の草花”一番手は”きんみずひき(金水引)”草花の名前に暮らしや愛。まもなく二十四節気は”大暑”。命が”当たり前”に大切である事。皆の苦労の御金が幸せの為に使われる事。ミサイルはいらないと”言う”勇気。

プランターが終了すると土は庭の木々の足元へ。帰した土から発芽したビオラ。土は命の宝箱。地球は命を生み出す星。災害、事故、事件。人間が地球の中で他の命と同じ、1つの命なのだと気付く日。

ホテル売店。震災復興支援は続く。”忘れない”心の絆。わらび座”ジパング青春記”!8月は青森二箇所上演!行く先々に待つ、優しい心。悲しい心は、愛しい心。会えない人に会える,たった1つのPASS WAY!

投稿者:山田みき

アーカイブ