1. HOME
  2. ブログ
  3. 芸術村の庭だより 「永遠のニシパ!ホロロセ」

芸術村の庭だより 「永遠のニシパ!ホロロセ」

________________________________________________
________________________________________________

角館武家屋敷!江戸から明治。”永遠のニシパ”。北の大地カイ!豊かな恵み、厳しい自然。助け合い生きていたアイヌ民族。突然現れた、武士と商人。歴史の中で”人間が人間であろうとした”瞬間が幾つもある。”約束”

稽古場エリアに咲く、合歓の木(ねむ)。奥の細道。芭蕉も元は武士。広島”上田宗箇”いつの時代も、人として生きようとした”人間”。北海道を命名した松浦ニシパ!美しい鶴が舞う大地。ホロロセ!

ホテル前縮小庭園!”蝦夷ガク紫陽花”。木々に囲まれ可憐さ。オンカムイ。全てに宿る神、カムイ。地球の何処も、先住民を追い出し、奪い、自然に爪立てた時代。美しい心、優しい心、憎しみや欲の螺旋。

2020年、オリパラリンピック!ジャニーズ松本潤さんの真っ直ぐな心が武四郎に映る”永遠のニシパ”若者達の力強い瞳、意志。同じ時代を生きている。素敵なパンフをアイヌの皆さんに頂きました。

ホテル売店。庭の緑、木々に包まれた土の上で、いつかアイヌの古式舞踊、リムセをやってみたい。ホロロセ!鶴の鳴き声。手拍子は御母さんの子守唄。波が寄せては返す、命のリズム。優しさの中から生まれた命。

投稿者:山田みき

アーカイブ