1. HOME
  2. ブログ
  3. 芸術村の庭だより 「IF Someday、、Peace。」

芸術村の庭だより 「IF Someday、、Peace。」

___________________________________________
____________________________________________

 

角館武家屋敷!大樅(もみ)の側に斜めに横たわる樹胴、雀が出たり入ったり。ミヤコワスレ(都忘れ)と卯の花(うのはな)庭先の手入に人柄が写る。お蔵に展示された医術書、学問の足跡、村の暮らし、勘定方の姿。

” 天から降ろされたもので役の無いものは何一つ無い”アイヌの言葉。工芸館庭に咲く、白雲木(はくうんぼく)。雲の様に棚引く花!同じ大地、空の間に生きる命。ぬちどう宝!土は命の宝箱。舞台に散りばめられた美しい”言葉”。

梅花空木(ばいかうつぎ)の”根”。再演!全国公演”ジパング青春記。日本列島の長き戦が終り、故郷の復興を始めた伊達藩を襲った”大津波”。”本物”が演じる叫び。打ち棄てられ彷徨い(さまよい)歩いた砂浜。

白い花咲く季節!甘い香りの梅花空木。”夕べに流した涙を海に沈めて。いつか平和になり弓矢を折る日が来たら鎧に白い花を飾ろう”。わらび座”鶴姫伝説”劇中歌!戦闘機より、美しい花を。憎しみより友愛を。

ホテル売店!北海道からの修学旅行が続く。作品に因んだ商品。側に居てくれるただそれだけで心はやすらか。”和崎ハル”御母さん。リウタを育てた”さや”。あたしは幸せだった。忘れないで居てくれてありがとう。

投稿者:山田みき

アーカイブ