1. HOME
  2. ブログ
  3. 研究生一歩いっぽ 『60期卒業』

研究生一歩いっぽ 『60期卒業』

3月もはや半ば、
田んぼの雪はまだ少し残っていますが、
春はもう目の前に・・・
桜の開花が待ち遠しい季節です。

3月1日、4日には60期メンバーの卒業発表会
を開催。
稽古場いっぱいのお客様に囲まれ、二年間の思いの
たけをステージにぶつけました。

舞踊は、「日本舞踊・雨の五郎」と「越中おわら節」

 

 

 

 

1年生の「古代神」をはさんでお囃子
そして演劇「あのとき・・・ そして今・・・」
60期の4名がそれぞれの3.11を紡ぎ出し、
じゃんがら、田植え踊りなど東北の民俗芸能を
織り込みながら、60分の作品に仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日のゲネには、盛岡の復興支援センターから
被災された方々が数名観に来てくださり、
大きな共感と励ましをいただきました。

4日は音楽の発表
日本歌曲・ミュージカルナンバー、合唱「Amarilli」

二年間熱心に指導して下さった先生方も
駆けつけてくださり、黒川先生は3曲歌ってくださいました。

そして、3月11日に盛岡市で行われた「祈りの灯火2019」
~広がれ!つながれ!明日に向かって!~ に参加、
手作りの灯篭も作らせて貰い、思いを新たにしました。

これはおまけです。

4名それぞれの道に向かって一歩踏み出しました。
 
 
投稿者:清家久美子

アーカイブ