1. HOME
  2. ピックアップ
  3. 小劇場
  4. 公演再開!【3月1日〜3月7日】ミュージカル「養助さんの夢」〜心を手綯う稲庭うどん〜

公演再開!【3月1日〜3月7日】ミュージカル「養助さんの夢」〜心を手綯う稲庭うどん〜

※ 1月25日〜2月28日までの公演は、国内および秋田県内における新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ中止となりました

 

 
わらび座冬の小劇場、“地域の宝物”シリーズ!
2020年の新作は「日本三大うどん」のひとつとして県内外の多くの人に食され愛されている“稲庭うどん”
一子相伝として伝わっていたうどん作りを、地域産業として発展させるまでには秘伝の技を授かった一家の知られざる物語がありました。

【CAST】
鈴木裕樹 / 治助(三代目佐藤養助)
碓井涼子 / カメ(治助の妻)
佐藤千明 / 平治(治助の息子)

【STAFF】
脚本・演出/栗城宏
音楽/紫竹ゆうこ 音楽アドバイザー/飯島優
振付/遠藤浩子
美術/高橋紗世梨、照明/三重野美由紀、音響/佐藤亜希子、衣裳/市橋幸恵、小道具/平野忍、演出助手/遠藤浩子、舞台監督/仁しづか

【あらすじ】
家族で細々とうどんを作っている養助が大地主の娘のカメと再婚した。カメはうどん作りも家事も子育ても初めてで姑に怒られてばかり。先妻の息子も心を開いてくれない。
ところがカメの算盤のおかげで養助は家業の業績を押し上げる。勧業博覧会で褒状をもらい、海外の万博に出品、天皇家御用達にもなった。しかし外の評判が上がる一方、身近な人が食べられなくなる。秘伝の技で作るから多くは作れないのだ。
ある日宮内省から難しい注文が来る。500束を7日で納めよ。到底無理だとあきらめる養助にカメが言う。「家族を信じて」と。
力合わせて作り上げ、納品のために峠を越える時、豪雪に行く手を阻まれる。そんな絶体絶命の養助を助けてくれたのは、新しい夢だった。

 《ご予約・お問合せ》
オンラインチケット予約⇨ Getti(ゲッティ) 🕒24時間受付
ほか購入ガイド⇨わらび座「予約方法」
  📧 gekijyo1@warabi.or.jp
  ☎️ 0187-44-3939 🕒8:30〜17:30 (月〜土) あきた芸術村 予約センター

上演期間 2020年11月28日〜2021年3月7日
  会場 あきた芸術村 小劇場
  料金 前売一般 2,500円  小中 1,800円 幼児 550円
     当日一般 2,800円 小中 2,100円 幼児 550円 *各税込、全席指定

作品紹介ページ
わらび座「養助さんの夢」

<公演日程>養助さんの夢公演スケジュール

| 小劇場