温泉ゆぽぽとは

  • HOME
  • 温泉ゆぽぽとは

秋田の文化をまるごと楽しめる温泉旅館

ようこそ、たざわこ芸術村温泉ゆぽぽへ

宿泊観劇パック

温泉ゆぽぽの宿泊と、ミュージカル観劇をあわせたパック。人数、宿泊プラン、お料理、観劇日程など、お客様のご要望に合わせた内容をご提案させていただきます。ご希望により、夕食時に役者のアトラクションをお楽しみいただけます。ご相談ください。

おすすめコース
観光満喫コース

ページの上部へ

祭り

角館のお祭り

写真

9月7日~9日
若者が曳山を引いて町内を練り歩き、曳山同士が出会ったときにどちらが先行するかの交渉が決裂すると力の限り曳山をぶつけ合います。一方で飾山(おやま)ばやしに合わせての優雅な踊りと飾られた豪華な人形も楽しめる、美しさと勇壮さをあわせもつお祭りです。

上桧木内の紙風船上げ

写真

2月10日
武者絵や美人画が描かれ、灯火をつけた巨大な紙風船が、真冬の夜空に舞う年中行事です。

火振りかまくら

写真

2月13日・14日
正月行事は、年の始まりの儀式として古来より行われてきたもので、特に雪国では厳しい冬に耐えて春を待つ気持ちが強く、新たな年の豊作と健やかに生きること即ち五穀豊穣、無病息災を祈願するための行事です。

田沢高原雪まつり

写真

2月第4土曜日・日曜日
冬でも凍らない水深日本一の田沢湖は、永遠の美しさを願うあまり龍に姿を変えてしまった辰子伝説が語り継がれる湖。その神秘的な水面を見下ろすスキー場に「かまくら」や「犬っこまつり」など秋田の冬祭りが大集合。雪像や花火なども楽しい光と音と雪の祭典。

大曲の花火

写真

8月第4土曜日
全国の花火師が技を競い合うコンクール形式で行われ、「昼花火」「10号割物」「創造花火」の3部門がある。自分で製造、持参して打ち上げることが条件で、デザイン、色彩、創造性を重視。内閣総理大臣賞も授与されるなど、権威のある花火競技大会。

ドンパン祭り

写真

8月中旬
誰もが耳にした事のある「ドンパン節」の生まれた中仙地域で行われる祭り。皆でにぎやかにうたい踊れば、ラストを飾る盛大な花火大会のなかで祭りの熱気が最高潮に達する。

ページの上部へ

自然

角館の桜

写真

角館観桜会(4月下旬~5月下旬)
春の角館はしだれ桜が咲き誇るため、1年のうちで最も多く観光客が訪れ角館武家屋敷通りは人々で賑わい角館武家屋敷と並んで観光の目玉のひとつです。

抱き返り渓谷

写真

東北の耶馬渓と称され、両岸の原生林と岸壁にかかる滝や独特の青い渓流がとても美しく、新緑と紅葉の名所です。

田沢湖

写真

瑠璃色の湖面とたつこ姫伝説に彩られる田沢湖は、周囲約20キロメートルのほぼ円形の湖です。水深423.4メートル、日本一の深さを誇っています。神秘的な雰囲気をたたえた湖は、四季折々に表情豊かで、訪れる人々を楽しませてくれます

八津・鎌足かたくり群生地

写真

4月中旬~5月上旬
カタクリは地元では「カタッコ」「カタンコ」と呼ばれるユリ科の多年草。特産の西明寺栗を栽培する栗林に自生しており、その規模は20ヘクタール(東京ドーム4.2個分)にも及びます。

刺巻湿原 ミズバショウ

写真

4月上旬~5月上旬
刺巻湿原(さしまきしつげん)は広いハンノキ林に囲まれています。湿地帯一面に白く花が咲くのは珍しく、国道や鉄道路線に近い山間に、このような群落とハンノキ林があるのが学術上でも貴重です

ページの上部へ

あきた芸術村 温泉ゆぽぽ

  • お食事
  • 温泉
  • お部屋
  • 温泉ゆぽぽ5つの魅力
  • 温泉ゆぽぽとは
  • 宿泊プラン一覧
  • お得な観劇宿泊パック
  • 料金案内
  • 望・進年会プラン
  • 施設案内 宴会場・会議室のご案内

お電話でのご予約・ あきた芸術村予約センター0187-44-3939 受付時間8:30~17:30 ※上記時間外の場合は直接施設まで 温泉ゆぽぽ0187-44-3333

  • あきた芸術村
  • あきた芸術村 村内MAP
  • わらび座事業 グループサイト
  • わらび座

PAGE TOP