施設案内

わらび劇場

わらび劇場

あきた芸術村の中心「わらび劇場」は、1974年に全国800万人の市民支援によって完成。 客席数710席、そして、客席より広い舞台を誇るパブリックシアターです。

ここでは、受け継がれてきた日本の伝統芸能や民謡を現代感覚で表現した、躍動感あふれるわらび座のオリジナル作品を定期的に上演しています。

建築面積

2,217u (延べ面積5,333u)

開場

1974年8月10日

客席

710席

総工費

約6億

舞台面

間口・・・14.4m(8間)  奥行・・・12.6m(7間)

特徴

客席より広いステージ。花道、合唱隊ボックスあり。

駐車場(無料)

劇場周辺104台、あきた芸術村全体約200台。

劇場ロビー売店

作品のオリジナルグッズや秋田のお土産品を販売。

役者による客席販売サービスあり。(不定期)

● 補助の必要なお客様
車椅子の方、または補助の必要な方は、係員が付き添い、混雑の中でも安全に御誘導致します。 車イス用のトイレ、スロープも設置しております。

● お子様をお連れのお客様
3歳以下のお子様の客席へのご入場はお断りさせていただいております。
小さなお子様と一緒にご観劇の際は親子室「菜の花ルーム」をご利用ください。
防音設備がございますので、小さなお子様でも安心です。


小劇場

小劇場

わらび劇場の斜向かいにある小劇場では、夏と冬の期間に作品を公演。ワークショップやイベントなども開催しています。

小劇場は、ステージと客席が近いのが魅力です。 定員120名ほどの公演は、会場が一体となり感動も倍増!


床面積

183.6u


ページ上へ