わらび劇場

わらび劇場

わらび劇場の誕生は1974年8月10日。劇団わらび座の専用劇場として幕を開けました。

現在はリージョナルシアター(地域劇場)として、作品制作・上演、ワークショップ、貸館事業など、幅広い活動を展開しています。

劇団わらび座―――

劇団わらび座は、戦後の復興に向かう1951年に東京で誕生。その後、新しい日本の歌と踊りの創造をめざして、民謡の宝庫、秋田県田沢湖町(現仙北市)に定着しました。

劇団名には、飢えに苦しむ農民を救った山菜のワラビのように、人々の生きる力になろうという願いが込められています。

劇団わらび座の紹介 >>

わらび劇場の誕生―――

わらび座が全国各地での公演活動を重ねるなかで、「ぜひ本拠地に専用劇場をもちたい」という機運が高まり、当時は「大都市でなければ劇場経営はできない」という厳しい意見も多くいわれるなか、劇団員一人一人の情熱によって全国的な募金活動を開始しました。

その結果、全国800万人の市民のご支援によって「わらび劇場」が誕生することになりました。

その後はしばらく実験劇場としての位置付けが続いていましたが、1993年には劇場経営の先進的な取り組みを行っているアメリカのアッシュランドやミネアポリスなど全米へのシアターマネージメント視察を実施しました。 そこで「劇場としての使命を明確にすることや、地元に密着して何よりも観客を大切にする視点」に基づいた経営のあり方を学び、現在の経営方針のベースが作られました。

そして1995年には、ついにミュージカルのロングラン公演を開始。

人口1万4千人の町(旧田沢湖町)において1年間で計168回の公演を行い35,000名あまりの来場者数を記録。 その後も公演回数は増え続け、現在では小劇場も合せて年300回近い公演を行っています。

また2006年からは東北では唯一の文化庁「芸術拠点形成事業」対象ホールとして選ばれ、ますます「リージョナルシアター」(地域劇場)としての期待が高まっています。

ページ上へ

基本理念

わらび劇場は次の基本理念をもとに事業を行い、地域・社会に貢献していきます。

■ ものづくり(多様性)

日本・東北・秋田・仙北地域に息づく伝統文化や現代を生きる人々の心に深く根ざした舞台芸術作品を制作し、独自性を持った芸術創造と芸術鑑賞の拠点となる「世界、国内に文化芸術を発信する劇場」を目指します。

■ ひとづくり(人材発掘、人材育成)

公演またはワークショップの活動を通して、アーティスト、スタッフ、舞台芸術を愛する鑑賞者の育成を行います。 またジャンルを問わない多様な芸術活動に対して支援する「地域にひらかれた劇場」を目指します。

■ まちづくり(新しい公共意識の創出)

市民参加による文化、福祉、観光、教育活動の拠点となり地域の文化的、経済的な発展にも寄与する「地域に根ざした劇場」を目指します。


ページ上へ